〜その3〜 作品集「二人展」へ

ブログにて09年の施工情報をアップしてます。
2009 竹山館着工!
山で育った木は身が締まっており、さまざまな杢目がでてきます。
当社建築部作業所設備です。
製材の終わった資材を当社建築部作業所にて再加工します。
また住宅解体により生じた利用できる梁材などを現地に応じて加工します。
残った資材を熱源として再利用していました。エコですね。
各種柱に応じた寸法へ刻んでいきます。
中村材木店さんです(長岡市片田町、一級建築士事務所併設)。
兄弟で経営されている中村さんでは、個人住宅用の木材から専門業者への対応など丁寧に幅広く仕事をされております。
木のことなどお気軽に相談くださいとのことです。
TEL0258−22−2409

やっとの思いで引き出した材木を製材屋さんへ運搬します。
この杉の大きさを見てください。(うちの社長です)
そこで今は内部材木加工を行っております。原ホームは柱・梁材などに使用する材木は主に地元の山の杉を刻んで使用します。
平成20年秋、基礎打設完了。
現在竹之高地は雪が多くて
現地に入ることができません・・・。
竹山館予定立面図
ギャラリー竹山館〜その1〜

〜その3〜 作品集「二人展」
今回はギャラリー建築の製材加工を紹介します。
Copyrighit©2008 HaraHome.All Rights Reserved
ギャラリー 竹山館〜その2〜
加工が終わり棟上げを待つ材木達です。

材木も春が来るのを待ち望んでいるかのようです。


また施工が進み次第「ギャラリー竹山館」レポートを続けていきます。
お楽しみに!


ギャラリー竹山館 〜その1〜へ